グッズ

ドームコンサートにおすすめの双眼鏡 SVBONYシリーズ! SV21  SV30  SV40どれを買えば良い?

最強ドーム対応コンサート用双眼鏡として、有名な「SVBONY SV」というオペラグラス🥽

TwitterなどSNSで口コミが広がり、主に「ジャニーズやアイドルのコンサートにもって行くと良い!」と有名になりました❣

しかし、ネットで有名になった時点では、SVBONY SV21しか発売されていませんでしたが、
それから後継機のSV30SV40も発売になりました。

この記事を執筆している2019年5月現在、SVBONY SV21・SV30・SV40の3機種が、コンサート用オペラグラスとして注目を集めています👀✨

後継機が発売になったと言っても、以前の機種もそのまま売っていることもあり、「どれを買って良いか迷う」という人も多いのではないでしょうか。

そこで、SVBONY SV20・SV30・SV40の特徴を比べてみました❣

このシリーズの双眼鏡のポイントは古いタイプだから悪いというわけではない、ということです✏

どれがいいかは使う人次第です。
ぜひSVBONY SV20・SV30・SV40の3機種を比べて、自分にぴったりの双眼鏡を購入してください❣

SVBONY SV21・SV30・SV40共通の特徴

まずはSVBONY SV21・SV30・SV40共通の特徴から。

SVBONY SVシリーズがドームコンサート用最強双眼鏡と言われている理由は以下のような理由からです😄

シリーズ共通のオススメポイント

💡42mmの大きな対物レンズで明るさ17.6

➡大きな対物レンズであらゆる細部を、明るくはっきり見ることができます。

💡BaK4レンズを採用した高画質な視界

💡眼鏡をつけたままでも覗きやすい二段のツイストアップ式アイカップが付き

➡眼鏡をかけた人はアイカップを引き出して使うと覗きやすい。眼鏡ならアイカップを縮めて使う。

東京ドームなどのドームのコンサートで大活躍とSNSでも超話題の双眼鏡です

SVBONY SV21・SV30・SV40を比べる

現在、SVBONY SV21・SV30・SV40のどれも、Amazonで発売しています。どれも発売時期が違いますが、新しい方が性能がいいとは言い切れません。

それぞれに特徴があるので、これを表で比較します💕

SVBONY SV21・SV30・SV40比較表
SVBONY
SV21
SVBONY
SV30
SVBONY
SV40
倍率 2種類
・8×42
・10×42
2種類
・8×32
・10×42
2種類
・8×32
・10×42
Amazon登録日
(発売日とは異なります。Amazonに商品が登録された日です)
2016年4月21日 2017年10月16日 2018年4月8日
Amazon価格
(2019年5月現在)
4200円 8倍…  4280円
10倍…4050円
8倍…  3980円
10倍…4250円
重さ 580g 551g 600g
明るさ 17.6 17.6 17.6
フリーフォーカス ×なし ○あり ×なし

 

倍率について

それぞれの機種に8倍のものと10倍のものがあります。

SV30とSV40の8倍双眼鏡のレンズは32mmですが、SV21のレンズは42mmになっています。

8倍双眼鏡で少しでも明るく見たい、大きなレンズのものを使いたい人はSV21を選択しましょう💡

Amazon登録日の比較

正確な発売日がわからなかったので、Amazonに商品を登録した日付を比べてみました🖋

SVBONY SV21→SV30→SV40の順で登録日が新しいようです😘

価格差は誤差の程度

思ったより、価格差はなくどれも4000円前後で購入できるようです(アマゾンでの価格です。店頭などでは異なります)

また、8倍と10倍でも差は少ないです。

オートフォーカスはSV30だけ

自分でピントを合わせなくても、自動的にピントを合わせてくれるオートフォーカス機能があるのはSV30だけです🐱

比較していかがでしたか? 最後に1つずつ紹介します

SNSでバズった最強ドーム双眼鏡「SVBONY SV21」

もともと、SVBONY SVシリーズがオタクの間で有名になったのは、このSVBONY SV21がSNSで話題になったからでした🙂

2016年に発売された双眼鏡ですが、今現在も人気が高い機種です。一時商品の販売がなくなっていましが、2019年5月現在、販売は再開しています。

倍率は10倍と8倍がありますが、8倍の双眼鏡で42mmのレンズを使っているのはSV21だけです📝

Amazonよりレビュー抜粋
今まで6倍のオペラグラスを使っていたけど、見え方が全然違います。大画面のテレビで見てるみたいに明るく、くっきりハッキリ見える!
この値段でこのクオリティーはすごいと思います
観劇の際、一番後ろの席でも全然大丈夫!最前列みたいに近くに見えてチケット代安くすみますね(笑)

オートフォーカス機能があり、一番軽量な「SVBONY SV30」

SVBONY SV21の次に発売されたのがSVBONY SV30です💕

こちらはSVBONY SV21よりさらに進化し、オートフォーカス機能が搭載されています💡

オートフォーカス機能とは

ピントを自分で合わせる必要がなく、自動的にフォーカスしてくれる機能

オートフォーカス機能があれば、一瞬の見逃しも減りそう

また、SVBONY SV21・SV30・SV40の中で一番軽量なのも、このSV30です💪

Amazonよりレビュー抜粋
国内メーカーにはライバル不在(多分)。珍しい本格的なフリーフォーカス双眼鏡!
動き回るアーティストを追いかける為にフリーフォーカス、もちろん手軽に買える価格ですね!画角、明るさは、申し分なし。
対物42mmのダハ双眼鏡としては結構軽い方。サポート対応にも好感が持てた

シリーズ最新機種 SVBONY SV40

SVBONY SVシリーズの中で最新なのが、このSV40です(2019年5月現在)

最新機種をゲットしたい方はこの機種をご検討ください

Amazonよりレビュー抜粋
8倍と10倍で悩みましたが、10倍にして正解だったと思います。10mくらい先の近い所も綺麗に見えたので。昼間に100mほど先の小さな鳥を見たところ、足の先まで綺麗に見えました
東京ドームのコンサートで使用しました
メインステージ側のアリーナの端でしたが、バックステージにいるメンバーの顔がよく見えました
いかがでしたか? 自分にあったSVBONYシリーズは見つかったでしょうか。最強双眼鏡で、ドームコンサートに備えましょう
まとめ
その他のドームにオススメの10倍双眼鏡レビューはこちら
ドームで使えるおすすめコンサート用双眼鏡を値段別(1万以内!)に紹介コンサートのお供の双眼鏡。 よく人に「どれがおすすめ?」と聞かれるので、お値段別におすすめを紹介します。 なぜ私が複数個の双...
防振双眼鏡のブランド比較はこちら
[2020最新]ジャニオタが解説!防振双眼鏡の選び方 Canon、ビクセン、ケンコー、FUJINON(富士フィルム)ライブ参戦の相棒はどれだ!失敗しない防振双眼鏡の選び方を、ライブ・コンサート参戦経験多数のジャニオタが解説します。防振ボタンや実視界、コスパなどの面から比較・検討しましょう。...
ABOUT ME
アバター
OTAHAPI運営
『OTAHAPI』は、自分らしくオタク生活を送る人の自由で楽しい生活を考えるメデイアです。
【オタク女子】おすすめエッセイ本!

「オタク女子が、4人で暮らしてみたら。」

出版社 : 幻冬舎 書籍価格 ¥1,430

あらすじ

一生を約束したくはないけれど、淋しいから誰かと暮らしたい、
推しのグッズは増える一方なので広い部屋に住みたい、
節約して将来への不安に備えたい……
意見の一致したオタク女子4人がルームシェアをすることに!

本名すら知らなかった仲間との生活は、
オタクならではの出来事や会話が飛び交う毎日で、全然キラキラしてないけど、すごく楽しい。
そんな4人が同居に至るまでと、春夏秋冬の暮らしを綴った、ゆるっと日常エッセイ。

\「我が家こそ、沼でした!」/

防振双眼鏡のオススメ比較はこちら