グッズ

ドームで使えるおすすめコンサート用双眼鏡を値段別(1万以内!)に紹介

コンサートのお供の双眼鏡

よく人に「どれがおすすめ?」と聞かれるので、お値段別におすすめを紹介します

なぜ私が複数個の双眼鏡を使い比べているのかと言うと、より鮮明に推しが見たいから…ではなく、単純によく持って行くのを忘れて、近くのヨドバシカメラとかで買っちゃうから双眼鏡を買う経験を積んでいるからです。

これまで買った双眼鏡の数は二桁以上ですが、その中でも「まぁこれ買っておいたら間違いないんじゃないかな」という双眼鏡をお値段別に紹介します。

ちなみに、私がよく行く現場はドームやアリーナクラスが多いので倍率は10倍のものを選びました。

(※記事で紹介している価格は2019年1月現在の価格です)

2,000円以下のおすすめ双眼鏡は「TAKU STORE 双眼鏡」

2000円以下で帰るおすすめ双眼鏡はTAKU STORE(タクストア)のオペラグラスです。

いいところは何と言っても安い所

そりゃ、高いものに比べたら気になるとこはありますが、2,000円以下で買える安さで、このクオリティなら言うことなしです。

コンサートの当日に双眼鏡を忘れて急遽、「ヨドバシなどで購入しなきゃ!」という場合は、こちらを買っておけば間違いはないかも。

軽くて持ち運びが便利なところと、白黒ピンクと青のカラーバリエーションが豊富にあるのも嬉しいポイントですね。

メンバーカラーによっては自担カラーの双眼鏡が持てるかも!

5,000円以下のおすすめ双眼鏡は「SVBONY SV30」

Twitterで「ドームでよく見える双眼鏡」としてバズった双眼鏡だから知っている人も多いと思います。

正しくはバズッたのは「SVBONY SV-21」という機種ですが、これはもう売り切れているところが多いので、後継機の「SVBONY SV30」をおすすめします

評判通り、明るくてよく見えます。遠くの推しもしっかり見えます。「これが5000円以下で買えるのはありがたすぎる」と言うのが、使用者の率直な感想です。

地味に嬉しいのはオートフォーカス機能。

勝手にフォーカスしてくれるので、動かした後にフォーカスする時間が短縮されて少しの行動も見落とさなくなります

ちなみにネットなら5000円以下ですが、店舗だともう少し高いことが多いです。

SVBONY SV30は別記事でも紹介しています。
最強ドームコンサート用双眼鏡と名高いSVBONY SV21と後継機SVBONY SV30は何が違うのか?徹底比較!ネットで一時噂になってた svbony sv-21という双眼鏡。 なんでも、東京ドームの天上席でもメインステージの推しがハッキリ見える...

(※ここから後日追記)

SVBONY SV30の後継機種、SVBONY SV40が登場しました。比較はこちらの記事を参照してください!

ドームコンサートにおすすめの双眼鏡 SVBONYシリーズ! SV21  SV30  SV40どれを買えば良い?最強ドーム対応コンサート用双眼鏡として、有名な「SVBONY SV」というオペラグラス🥽 TwitterなどSNS...

1万円まで出せるなら「Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 10倍25口径」がおすすめ

双眼鏡に1万円も出せるという本気の方には、老舗メーカーのKOWAの双眼鏡をおすすめします。

KOWAは山や天体観測で使用する本気の双眼鏡を作る老舗メーカーです。
明るい25口径でドームの端っこで踊っている推しもしっかり把握できます

1万円って高いですが、KOWAの双眼鏡の中では格安です。
クリアな視界に感動するおすすめ双眼鏡。

双眼鏡に1万出すと言うと驚かれるんですが、年間20回使ったら一回あたり500円。十分に検討の余地があるのではないでしょうか。

年間20回使ったら一回あたり500円か!

考えようによっては安い買い物なんだね!

もっと本気なら「防震双眼鏡」を検討しよう!

今回は1万円以内で変えるコンサートにおすすめの双眼鏡を紹介しましたが、もっと本気で推しの美しい姿を見たいというガチ勢には、防振双眼鏡がオススメです。

防振双眼鏡は、普通の双眼鏡とは比較にならないほどの高額ですが、「推しの一瞬も見逃したくない!」というガチ勢には一考の余地ありです!

こちらの記事で紹介しているので、興味のあるガチ勢の皆さんはご覧ください!

お高いけど、その価値あり!? 防振双眼鏡のブランド比較はこちら
[2020最新]ジャニオタが解説!防振双眼鏡の選び方 Canon、ビクセン、ケンコー、FUJINON(富士フィルム)ライブ参戦の相棒はどれだ!失敗しない防振双眼鏡の選び方を、ライブ・コンサート参戦経験多数のジャニオタが解説します。防振ボタンや実視界、コスパなどの面から比較・検討しましょう。...
【2020年度版】ライブの遠征に持っていく便利グッズ18選!快適に過ごしたい女子は知らないと損!
【2020年度版】ライブの遠征に持っていく便利グッズ18選!快適に過ごしたい女子は知らないと損!コンサート遠征を快適に 延長コードでベッドでごろごろしながら携帯をいじれるように ホテルのベッドとコンセントが遠いと寝な...
片付けられないオタク必見。グッズでごちゃごちゃしたオタ部屋をシンプルきれいに出来るようになる漫画と本を紹介
片付けられないオタク必見。グッズでごちゃごちゃしたオタ部屋をシンプルきれいに出来るようになる漫画と本を紹介【書評】オタクの部屋はグッズでごちゃごちゃしがち アイドルやアニメ、舞台俳優などオタクの種類は数あれど、グッズを買い込んで、部屋がごちゃごちゃ...
ABOUT ME
アバター
OTAHAPI運営
『OTAHAPI』は、自分らしくオタク生活を送る人の自由で楽しい生活を考えるメデイアです。
【オタク女子】おすすめエッセイ本!

「オタク女子が、4人で暮らしてみたら。」

出版社 : 幻冬舎 書籍価格 ¥1,430

あらすじ

一生を約束したくはないけれど、淋しいから誰かと暮らしたい、
推しのグッズは増える一方なので広い部屋に住みたい、
節約して将来への不安に備えたい……
意見の一致したオタク女子4人がルームシェアをすることに!

本名すら知らなかった仲間との生活は、
オタクならではの出来事や会話が飛び交う毎日で、全然キラキラしてないけど、すごく楽しい。
そんな4人が同居に至るまでと、春夏秋冬の暮らしを綴った、ゆるっと日常エッセイ。

\「我が家こそ、沼でした!」/

防振双眼鏡のオススメ比較はこちら